最先端技術

ブログ

2017年10月 6日 最先端技術


こんにちは(^^)衛生士の田村です。


先日、笹木歯科クリニックにインビザライン(マウスピース矯正)の3D光学スキャニングの機械が導入されました。


いわき市内では初導入になります。


インビザラインを開始する際に必要であった歯型採りはシリコンの材料を使用していましが、代わりに専用の機械で歯の形態のスキャニングを行う事で様々なメリットがあります。

・チェアタイムの短縮

 (スキャニングの時間自体は10分程度を予定

  しております。)

・嘔吐反射が起きにくい

・型取りで苦しい思いをしたり、不快な味が 

   ない

・変形の心配がなく、最も精密な歯型を

   採得しより精密なマウスピースが作製

   できる


 従来、シリコンで印象を行っていた際には、アメリカへの輸送に時間がかかっていたため歯型を採り、シミュレーションが出来上がるまでの時間は約2週間かかっていました。

 スキャニングは、データをその場でアメリカに送信するためシミュレーションが2~3日で出来上がり、その後のマウスピースお渡し迄の時間を短縮する事がでます。


 但し、スキャニングにはそれなりの技術が要しますので、年内には患者様に実際にできるよう私達衛生士は目下練習中ですので、今しばらくお待ちください!

月別アーカイブ

カテゴリ